紹介・レビュー

程よいサイズと容量、XiaomiのMi City BackPack!

投稿日:2020年6月13日 更新日:

結構前から通勤用のカバンを探していて丁度良さそうなものを見つけました。スマホで有名なXiaomiが販売するMi City BackPackというリュックです。

通勤カバンに求めるもの

通勤カバンを探すにあたって以下の条件を満たしているものを探しました。

  • ノートパソコン(Surface Laptop3)が入る
  • 電車で座って膝に乗せた際、前後左右が膝からはみ出さない
  • 私服通勤とはいえ、仕事に使ってもおかしくはないデザイン

以前はパソコンが15.6インチという巨大で重いものを使っていたので、結構大きめなリュックを使用していました。しかし、これだと電車で座った際に膝の先からはみ出てしまっていて、立っている人に申し訳なくてですね。。( ´△`)

という訳で、パソコンが入りはするけど、あまり大きすぎずに丁度良いサイズ。で、なおかつ仕事でも使えるようなデザインがいいな、と。

このXiaomiのリュックはこれらの条件を満たしていますし、サイズも縦39センチ、幅30センチを比較的コンパクトです。デザインもシンプルでオサレ(∩´∀`)∩

外観

全体的にダークグレーで角ばったシンプルなデザインです。これなら仕事に使っても違和感ありませんし、カジュアルに普段使いもできる感じかな、と。

仕事と子供を連れてちょっと遠出する時なんかに使う予定です。今はテレワーク&外出自粛でお出かけできていませんが><

各部詳細とか

メインコンパートメント

メイン収納部は両開きのファスナーとなっています。ファスナーの持ち手部分は片面に細かい凸凹がついており、滑らない仕様。

PC収納部には14インチまでのラップトップが収納可能とのこと。仕事で使っているSurface Laptop 3は余裕で収まりました。

タブレット収納もついており、10インチ程度のタブレットが縦で収まります。iPad miniサイズだと横でぴったりくらいの幅です。

内部のポケットは4つあり、深さを調整することで中身が重なりにくい作りになっています。マチはついていないものの、結構厚みのあるものもスッポリ。

また、サイドには落下防止のマチがついていてチャック全開でも中身が落ちにくいようになっています。あまり全開にしないのでこの部分に傘を立ててます(∩´∀`)∩

内装は全体がビビッドなグリーンで統一。明るい色なので内部が明るくて見やすくなっています。結構前からオレンジ色とか流行ってますが、この手の色は見やすいしオシャレでいいですね!

サイドポケット(右)

サイドポケットは結構大きなサイズですが、マチがないので厚みのあるものには向いていません。入らないことは無いのですが、メイン収納部側に膨らんでしまいます。

内部には更に2つのポケットがついており、一つはチャック付き、もう一つは眼鏡用です。眼鏡用は傷がつかないよう内部に柔らかい布が貼られています。満員電車が怖いのでちょっと使えませんが、、、w

サイドポケット(左)

こちらは濡れた折り畳み傘や汗をかいたペットボトルなどを入れられるよう、ゴムのような素材でコーティングされています。

小雨くらいの時は傘そのまま入れちゃいますが、大雨で傘がびしょ濡れの時はちょっと怖いですね。。その場合はビニール袋に入れた上でしまってます。

外側ポケット

一番大外のポケットも内部に更にポケットがついており、小物の収納に丁度いい感じの作りです。

ペンホルダーやキーチェーン的なものもついています。

フレーム

四角いフォルムが特徴的なこのバッグですが、一部に樹脂製のフレームのようなものが組み込まれています。そのおかげで多少力が加わっても四角さをキープできる作りのようです。

黄色く塗った部分にベルト状のフレームが入っている

へにゃっとならない、型崩れしにくいのはGood(∩´∀`)∩

まとめ

このリュックは通勤や通学、旅行(1~2泊)などといった「ガッツリ目のお出かけ」に適したバッグで程よい大容量です。

また、価格の割に見た目や作りも良く、使い勝手も中々良いのでオススメの一品です(∩´∀`)∩

こちらもオススメ!

-紹介・レビュー
-, , , ,

Copyright© おいしいラフラの作り方 , 2020 All Rights Reserved.