写真やカメラ 機材、アクセサリ等

Ulanziの三脚用スマホホルダーが地味に便利!

投稿日:2021年1月11日 更新日:

AliexpressでUlanziというメーカーのST-08というスマホホルダーを購入しました。スマホを三脚に固定するためのホルダーです。1,100円くらい。

Ulanziは写真撮影関連グッズや、あったら便利な小物なんかを作っているメーカーです。

外観

アルミ合金製でしっかりとした作りで高級感もあります。樹脂製だとスマホ落下の危険性がありますが、アルミ製ですのでそんな不安もありません。

上部のノブを回すとスマホを保持する部分が広がっていく作りとなっており、内部にバネが仕込まれていて勝手に開いていってくれます。

ミニ三脚のPixi Evoに装着するとこんな感じ。スマホはLGのGX8 ThinQです。

特徴

コールドシュー付き

幅調節ノブの後ろにコールドシューが付いています。カメラ上面についているストロボとか装着するアレの端子が無いバージョンです。

この部分にビデオライトや外部マイクなどのアクセサリーを装着することが可能です。簡易的なホルダーと違ってやや本格的な撮影にも対応できますね!

スマホの対応幅

固定できるスマホの対応幅は大体65mm~95mmです。iPhone12 pro maxの幅が78.1mmですので大き目スマホでも余裕で収まる感じです。

縦横OK

本体の複数個所にネジ穴が切ってあり、縦構図と横構図のどちらもOKです。

ただし、その都度三脚に装着しなおす必要がありますので若干面倒ではあります。軽いミニ三脚なら2つ付けてしまうのもあり、、か、、?

コンパクト

手のひらサイズでコンパクト!使うかどうかわからないような場合でも「とりあえずバッグに突っ込んでおくか」ができます。

使いどころ

個人的にオススメな使い所を2つご紹介(∩´∀`)∩

ちょっとした物撮りに

物撮りってありますよね、あの小物とかの写真を撮るヤツです。ブロガーだったり、メルカリなどのフリマアプリなんかで紹介用の写真撮ったりするヤツです。

ミラーレスなどを持っている人はそれを使うことが多いとは思いますが、面倒くさい時ってありますよね。カメラをセッティングして撮影してPCなりに取り込んでからraw現像して。。。そんな時にはスマホで撮るというのもアリです。

Ulanzi ST-08にスマホとビデオライトを装着して撮影

UTEBITのビデオライトを取り付けて撮影してみました。電源にバッテリーを使用しているのでそこそこの重さがあるのですが、たわんだりすることもなく、狙った位置でしっかりと止まります。

また上の例だと撮影ボックスまで使っていますが、この手の小物であればなくてもOK。スマホで撮影してすぐにブログやSNS、フリマアプリにアップすることができます。

ブログレベルなら十分な画質

子供の学校行事に

最近は子供の学校行事をスマホで撮影する人が増えてきましたよね。ビデオ撮影する場合にこのスマホホルダーと三脚の組み合わせがオススメです。

運動会などの屋外行事だとスマホでは厳しいですが、お遊戯発表会などの屋内行事であればスマホの動画撮影はバカにできません。ハンディカムやミラーレス一眼には勿論劣りますが、思いのほか綺麗な動画を撮影することができます。

エツミのトラベル三脚と組み合わせた所

スマホであれば軽いので耐荷重が低い軽量な三脚と組合わせて使うことができます。屋内なら風も無いので殆ど揺れたりすることもありません。

上の組み合わせで幼稚園児の演劇とダンスを撮影しましたが、しっかりと撮れました。

荷物としては↑だけで済みますので、運搬も楽チンです。500mmのペットボトル1本持ち歩くよりも楽ですのでオススメ(∩´∀`)∩

まとめ

アルミ製でしっかりした作りで尚且つコンパクト。スマホで事足りる撮影のお供にオススメなスマホホルダーです。樹脂製の物よりかは値が張りますが、簡単には壊れないしっかりした作り、コールドシューによる拡張性など差額以上の価値はあるかと思います。

テレワークのWeb会議なんかにも使えそう。

こちらもオススメ!

-写真やカメラ, 機材、アクセサリ等
-, , , ,

Copyright© おいしいラフラの作り方 , 2021 All Rights Reserved.